2019年上半期に伸びた出前メニューは!?タピオカミルクティーが前年同期比38倍に

20代女性を中心に人気を席巻するスイーツ「タピオカミルクティー」。長い行列に並ばずに入手できる手軽さから出前の人気メニューにもランクインしています。本記事では、2019年上半期に伸びた出前メニューの調査を元に、「タピオカミルクティー」の人気の理由を分析しご紹介します。

タピオカミルクティー

「食」ビジネス、IT情報など飲食業界のトレンド情報をお届けする総合メディア『フードテック総研』では、日本最大級の出前サービス『出前館』の最新オーダー情報を元に出前のトレンドを分析。2019年上半期に伸びた出前メニューを調査しました。

2019年上半期、一番の伸び率を記録したトレンドメニューとは? そのブームの変遷や商品出数が伸びた要因を分析しながらご紹介していきます。

調査結果サマリ

1. 2019年上半期、最も伸び率が高かった出前メニューは「タピオカミルクティー」
2. 「タピオカミルクティー」とは、大粒のタピオカパールをミルクティーに入れた台湾発祥の飲料
3. 「外食におけるブーム」「出前館での提供店舗の増加」「行列に並ばず入手できる出前の手軽さ」が伸びた要因
4. 20代女性の6割以上が出前でタピオカドリンクを注文している

<調査結果詳細>

2019年上半期に商品出数を最も伸ばした出前メニューは「タピオカミルクティー」で、前年同期比の3820%を記録しました。「外食におけるブーム」「出前館でのタピオカドリンク提供店舗の増加」「長い行列に並ばずに入手できる出前の手軽さ」が商品出数の伸びた要因と考えられます。タピオカドリンクの注文者属性は半数以上が女性で、20代の割合が6割を超えており、出前館全体の20代の割合より20ポイント以上も高いという結果でした。

出前でタピオカミルクティーが人気の理由

2019年上半期(1月~6月)の出前館における出前注文数を商品ごとに調べたところ、2019年上半期に最も商品出数の伸び率の高かったメニューは「タピオカミルクティー」で、伸び率は3820%でした。

「タピオカミルクティー」とは、大粒のタピオカパールをミルクティーに入れた台湾発祥の飲料です。タピオカミルクティーが本格的に日本に上陸したのは、2013年。台湾の「春水堂」の初出店がきっかけです。その後、「ゴンチャ」や「THE ALLEY」などのタピオカドリンクを扱う店舗が続々と日本でオープンし、インスタ映えする見かけと相まって若い女性を中心に一大ブームとなっています。

インスタグラムで「#タピオカ」を検索すると2019年7月では130万件以上の投稿がありました。そういった外食市場でのブームを受けて、出前でもタピオカドリンク専門店が徐々に増えてきています。

商品出数とタピオカミルクティー提供店舗数推移

出前館では、2018年11月頃まではタピオカドリンクを取り扱う店舗が10店舗もなく、「タピオカミルクティー」を含むタピオカドリンクの商品出数はほとんどありませんでした。12月にピザ宅配専門店の「ピザダーノ」が「タピオカティー」の販売を開始したことで、タピオカドリンクの商品出数が伸び始め、2019年2月にはタピオカドリンク専門店の「teatime」が出前を開始し、3月にはファーストキッチンでもタピオカドリンクの販売が始まり、さらに出数が大きく伸びました。

先述の通り、タピオカドリンクは大きなブームになっている一方で、長い行列に並んで買わなくてはいけません。出前であれば、ネットで注文するだけで行列に並ばずに流行りのタピオカドリンクを買うことができます。このような手軽さもあって、出前での注文が伸びていることも考えられます。

タピオカドリンクの出前注文は6割以上が女性で20代女性にとくに人気

注文数の男女比と年代比

注文数の男女比と年代比

次に、注文者属性について調べると2019年6月のタピオカドリンクの出前注文者は64.0%が女性とわかりました。また、年代も20代が51.7%と最も多いという結果でした。

タピオカミルクティーを扱う店が増えたことで女性や20代の顧客を取り込み、食事以外の出前需要も獲得できていると考えられます。

『フードテック総研』では、日本の出前・デリバリーをはじめとする「食」産業の活性化に貢献するため、引き続き、最新の出前・デリバリー情報をお届けしていきます!

※本リリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されている価格はすべて税込価格です。また、価格は地域によって異なる場合があります。

【調査概要および参考データ】
● 2019年上半期に伸びた出前メニュー
 2018年1~6月と2019年1~6月の出前館の商品出数を元に独自算出方法で集計
●「タピオカドリンク」の商品出数推移
 商品名に「タピオカ」「バブル」「ティー」を含むメニューの2018年1月~2019年6月の注文実績

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • pocket

この記事の監修者

フードテック総研編集部

「フードテック総研」は「食」ビジネス、IT情報など飲食業界のトレンド情報をお届けする総合メディアです