2019年伸びたメニューは?台湾の大衆料理が昨対4倍に!?

「タピオカミルクティー」のブームをきっかけに台湾料理に注目が集まる中、2019年に入り、フードデリバリー出前市場でも台湾の大衆料理が商品出数を伸ばしています。本記事では、2019年に伸びた出前メニューとその要因についての調査結果をご紹介します。

台湾の大衆料理

「食」ビジネス、IT情報など飲食業界のトレンド情報をお届けする総合メディア『フードテック総研』では、日本最大級の出前サービス『出前館』の最新オーダー情報を元に出前のトレンドを分析。2019年に伸びた出前メニューを調査したところ、大衆的な台湾料理が昨年に比べ圧倒的な伸び率を見せている事実が判明しました。

日本人の渡航先としても台湾が人気を高める中、「タピオカミルクティー」に続きブームを巻き起こしている台湾グルメとは? 人気急上昇の要因についての分析も合わせてご紹介していきます。

調査結果サマリ

1. 2019年に伸びた出前メニューは「魯肉飯(ルーローハン)」
2. 「魯肉飯(ルーローハン)」は台湾では「庶民の味」として親しまれ、ほとんどの食堂のメニューに載っているポピュラーな料理
3. 「タピオカミルクティー」のブームをきっかけに台湾料理が注目されたことが要因
4. 2019年から「排骨飯(パイコーハン)」や「豆花(トウファ)」など台湾の代表的なメニューの注文が増えてきている
5. 出前でも徐々に台湾メニューの注文が増えていくと見られる

<調査結果詳細>

2019年の『出前館』における出前注文数を商品ごとに調べたところ、昨年と比較して特に出数の伸びが目立ったのは「魯肉飯(ルーローハン)」で、伸び率は421.0%でした。2019年に入り、「タピオカミルクティー」のブームで、台湾料理が注目されたことを境に徐々に注文数が増え、商品出数が大きく伸びました。

「魯肉飯(ルーローハン)」の出前注文数は昨年比421%を記録

ルーローハンと商品出数の変遷

2019年の『出前館』におかえる出前注文数で、昨年比421%を記録した「魯肉飯(ルーローハン)」とは、豚肉を刻んでショウガやニンニク、八角などの香辛料とともに甘辛く煮込んだ肉そぼろを煮汁とともにご飯にかけたもの。それぞれのお店で肉の大きさやのっている具材が異なるのが特徴です。台湾では「庶民の味」として親しまれ、ほとんどの食堂のメニューに載っている非常にポピュラーな料理です。

『出前館』では、2018年は「魯肉飯(ルーローハン)」を取り扱う店舗が10店舗程度しかなく、商品の注文もほとんどありませんでした。2019年に入り、「タピオカミルクティー」のブームで、台湾料理が注目されたことを境に徐々に注文数が増え、9月にはファミリーレストランの「ガスト」が「台湾 ルーローハン」というメニューを出したことで、商品出数が大きく伸びました。

台湾メニュー全体的に商品出数が伸びている

台湾メニューの商品出数推移

「魯肉飯(ルーローハン)」や「タピオカミルクティー」のほかにも、豚のあばら肉に卵と小麦粉の衣をつけて油で揚げた肉料理を片栗粉でとろみをつけた醤油味のタレとともに白飯にのせた「排骨飯(パイコーハン)」や豆乳で作ったヘルシーなデザートの「豆花(トウファ)」といった台湾の代表的なメニューの注文が2019年に入って増えてきています。

「タピオカミルクティー」「魯肉飯(ルーローハン)」「排骨飯(パイコーハン)」「豆花(トウファ)」を合算した台湾メニューの商品出数推移のグラフからも、2018年12月から急激に出数が伸び、2019年は前年と比べて圧倒的な差で伸びていることが見て取れます。

渡航先としての台湾ブーム継続、第三次台湾グルメブームへ

台湾に入国した日本人数推移

人気の渡航先と食のトレンドは一致すると言われていますが、台湾政府交通部観光局資料によると、日本人の台湾入国者数は2018年からの10年間で約2倍に増えています。この背景には、台湾観光局や旅行会社がグルメをウリにした台湾旅行のプロモーションや格安航空会社の販路が増えたことがあります。

渡航先としての台湾ブームはこれからもまだまだ続くとみられ、旅行先で食べたタピオカミルクティー以外の台湾料理にも注目が集まっていると考えられます。

このような外食トレンドの影響を受けて、出前でも徐々に台湾メニューの注文が増えてきていると考えられます。

『フードテック総研』では、日本の出前・デリバリーをはじめとする「食」産業の活性化に貢献するため、引き続き、最新の出前・デリバリー情報をお届けしていきます!

※本リリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されている価格はすべて税込価格です。また、価格は地域によって異なる場合があります。

【調査概要および参考データ】
• 2019年に伸びた出前メニュー
 2018年1~12月と2019年1~12月の出前館の商品出数を元に独自算出方法で集計
• 「台湾メニュー」の商品出数推移
 調査期間:2018年1月~2019年12月
 調査対象:商品名に以下の名称を含むメニューから独自算出方法で集計
 魯肉飯(丼)/ルーローハン(丼)/「タピオカ」「バブル」「ティー」を含む商品
 /排骨飯/パイコーハン/豆花(トウファ)
• 日本人の台湾入国者数
 台湾政府交通部観光局資料 居住地基準/国籍基準・入国者数

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • pocket

この記事の監修者

フードテック総研編集部

「フードテック総研」は「食」ビジネス、IT情報など飲食業界のトレンド情報をお届けする総合メディアです